about

明治33年 まだ、馬や徒歩が主流の時代 勝川宿の旅籠「住吉屋」に奉公していた水野徳次郎は、 旧国鉄中央線勝川駅の開業とともに、下街道を行き交う商人や旅人の食事どころとして創業しました。 以降、代々、創業以来のおもてなし(感謝)の心はそのままに厳選した食材と、四季の味をお楽しみ いただく和食処として心を込めたお料理をご提供させていただいております。